スマフォの使い方とマナー

スマフォの使い方とマナー

みなさんは携帯ですか?それともスマフォですか?

私は便利さを考えてスマフォを使っているのですが、できるだけスマフォを人前では使わないように気をつけています。

というのも、私がスマフォに切り替えたあたりに学生時代の友達4人で久しぶりに食事をした時のことです。

私がお店に到着するとすでに1人の友達がテーブルに座っていて、スマフォをいじっていました。

私が「ひさしぶりだね~」と声をかけると一瞬私のことを見ただけで「うん、久しぶりだよね~」と言っただけでした。

私から話しかければもちろん、答えてはくれるのです。

しかし、ずっと手と視線はスマフォです。

その後、全員が集まっても私以外はみんなスマフォを机の上に置いて着信なのか、何かの音がするたびに「あ!」と言いながらスマフォをチェックしていました。

あまりにも酷いと思ったので「ちょっとさ、スマフォはバックにしまわない?こんなんじゃ集まっても意味無いよ」と言ったのですが、彼女たちは「ちゃんと聞いてるし話てるから大丈夫だよ」と。

そんなものなのでしょうか?

やっぱり会話は目と目を見ながら話をすることが大切だって思うのですが違いますか?

私は自分のスマフォは机の上に出すことはせずいました。

なので、みんなと話をしていてもなんとも言えない虚しさがありました。

みんな手元を見ている中で話すって、本当に虚しいです。

友人たちに「何をしているの?」と聞いたら「ツイッター」とか「フェイスブック」という言葉。

早い話がネット上のやり取りに忙しいってことなんでしょうね。

なんだか、そんな状態じゃ面白くないって思って「みんな、忙しそうだから帰るね」と言って帰ってきちゃいました。

その後、残してきた3人のうちの一人が「失礼なことしちゃったよね、ごめんね」と連絡をくれたのですが、他の2人は特に問題だとは思っていないようです。

そんな事にイラッとくるのは私がオバサンなのでしょうか?

私はあのときの経験から、いくら耳は聞いているとは言っても目線を合わせずに会話をすることは間違っていると思っているので、誰かと一緒の時にスマフォをいじることはやめています。

婚活パーティー 岡山

腸内環境からヘルシーに

健康な生活、体には、腸内環境が快適であることはけっこう大事なことのようです。ま、要するに、お通じがきちんとあって、胃腸の調子が良いことは大切なんですよね。

すべての健康に言えることなのでしょうが、もちろんそのために大切なのは、バランスよく食べることとか、腹八分目とか、適度な運動とストレス解消、といえるでしょうか。

とはいえ、現代人にとって、ストレスのない世界などあるわけもないし(そもそも昔だって、ストレスという言葉がなかっただけであったはずですよね)、腹八分目とはいえ仕事の付き合いやら、なにやらで食べすぎることもあるでしょうし、バランスよく健康的な食事をしようとわかっていてもなかなかそれを継続してとることは大変です。

結果的にサプリメントとか、そういうものに頼りがちですけど。

私もストレスじたいはよくわからないけど、ただ、やっぱり体調が今いちだと便秘になったり、逆にゆるくなったり、かなり不快感が増します。あとはお腹の誇張感とか……かな。

そうすると、おなかがしくしくするし、胸焼けがあったり、時には偏頭痛を起こしたりするんですよね。

で、いろいろやってみたけど、私には一番簡単で効果的なのは、乳酸菌系の飲み物を飲むことかな。

いろいろ出てますよね、腸まで届くなんたら菌みたいなドリンクヨーグルト系のやつです。

それを夕方か夜飲むとですね、だいたい翌朝、すんなりいきます。それから、妙な誇張感はなくなるんですね。

それで調子に乗らず、そういうものを飲んでる=腸内環境に気をつけている自分=だから、暴飲暴食なんてやめようね、というような気持ちの流れを作っています。

運動とかも、毎日あれして、これやって、とか、どこかへ行って何か教わるというのだとなかなか続かないので、あまり「どれ」に固執せず、よさそうなものを雑誌見ながらやったり、DVD見ながら楽しんでやったり、飽きたら別の運動にしたりしてます。

もしかしたら、一番大事なのは、何をやるとか何を飲むとかよりも「ちょっと気をつけようね」と自分自身をいたわりつつ、体調に気をつける気持ちを持ち続けることかもしれませんね。