ヘナで白髪染めをしました。

ヘナで白髪染めをしました。

実は最近、髪の毛の白髪が増えてきてしまったのです。

ずっと私の髪の毛は真っ黒な髪の毛で白髪の問題もなかったので「白髪には当分ご縁はないかな」という感じでした。

なので、かなり気を抜いていたらビックリすることが起きたのです。

ある日に夫から「白髪が目立ってる」と言われてビックリしました。

ビックリしてあわてて鏡の前で髪の毛を掻き分けてみたら・・・パッと目につく程度の場所に白髪が数本。

夫に髪の毛の全体を見てもらったら「ちらほらだけど白髪が生えている。真っ黒なところに白い髪の毛だから目立ってる」とのこと。

もう、本当にがっかりしました。

女もアラフォーと呼ばれる年齢まで生きていくと、白髪が目立つ髪の毛になるんでしょうか。

昨日、同じ世代の友達に「実はね、白髪が目だってきてびっくりした」という話をしていたのです。

すると彼女も「わかる!私は実は数年前から白髪染めを使っているんだよ」と教えてくれました。

てっきり黒髪なんだと思っていたら違ったんですね。

というかやはり35歳を過ぎた頃から白髪が目立つようになってきたんだそうです。

やはりこの世代には仕方のないことなのでしょうか。

その白髪ですが、染めたいのです。

実は私の頭皮はけっこう弱いのかカラーリング剤を使うと頭皮がかゆくなってしまうんです。

私の頭皮は実はカラーリングには向かないようなので、この白髪対策をどうしたらいいのか?と困っていたのです。

美容院に相談をしてみると「カラーリング剤が無理ならヘナで染めてみますか?これなら自然素材だから頭皮への負担がとても少なくていいですよ。」と勧めてもらいました。

聞いてみたらヘナとは自然の葉をパウダー状にしたものをカラーリング剤と私鉄か産んだそうです。

自然の葉から出来たカラーリング剤なのでいいかな?と思ってヘナで染めてもらいました。

でも、ちょっと匂いが独特で私は苦手でした。

髪の毛に塗りつけたあと30分後くらいに流してもらい、髪の毛を見てみると白髪が赤く染まって目立たなくなっていたのでかなり満足です。

心配した頭皮の状態ですが、痒みもなく問題なく染められたので良かったです。

ただ、本当に真っ赤に染まるので白髪が多いと髪の毛が真っ赤になってしまうんだろうな~と思っています。

とりあえず、まだ白髪が少ない時にはヘナで染めて白髪をなんとかスルーしたいと思っています。

アウディA5

子供の事故とケガ

あっという間の出来事でした。

末っ子の1年生がソファの上でご機嫌でなにやら「マリオごっこ」ひとり遊びをしていました。すぐ横には大学生の兄がいて、こちらは携帯をいじっていました。私は少しへだてた場所にあるダイニングテーブルに座って洗濯物を畳んでいたのです。

あ、と兄が声をあげたのと同時に末っ子が見事にソファから落ちました……。落ちた、というより、ななめにすべり落ちるようでしたが次の瞬間、嫌な音がひびきました。とたんに末っ子のこの世のものとは思えぬような泣き声が。

ソファの向かいには木製のローテーブルが置かれていましたが、その角にどうやら顔ごと激突してしまったようです。末っ子は甘えん坊なのですが、どうも兄弟のなかでは一番痛みに我慢強く、予防接種などでも泣いたこともありませんが、このときの泣き方は尋常ではなく、一瞬で「怪我したな」とわかりました。

それはほんの一瞬のことでしたが、兄のほうが「うわ」と言いながら洗面所に走っていきタオルをつかんできたのは、ものすごい出血量だったからです。額と目の横を深く切ったようでしたが、そのあたりというのは出血が多い場所なんですよね。

私も3人兄弟を育てていれば、男の子の怪我には慣れていると思っていましたし、怪我はつきものと承知もしていましたがみるみるソファも床も血まみれになるのでさすがに焦りましたよ。

しかもその日は水曜日で、いきつけの医者も休み、兄があわててネットで調べてくれても外科もけっこう水曜日というのは午後休みが多いのです。それでも少し離れた場所に整形外科があり、すぐ電話をしてみると見てくれるとのことで、兄に車をとってきてもらい病院へ直行しました。

結局、目の横は6針縫うとう大けがになりましたよ。

しかも目の周囲ははれあがり、まるでボクシングのチャンピオン選手状態です。

それでもお医者さんに「目そのものじゃなくてよかったね」と言われました。

ソファから落ちる事故というのは男の子にはよくあることで、私も末っ子が幼稚園ぐらいまではずいぶんと注意もし、気をつけていたのですがちょっと油断してました。それにしても、木製ではなく、わが家には洒落たガラスのテーブルもあるのですが子供が小さいうちは危険かと思いやめていたのですが「そろそろ、末っ子も小学生になったし戻そうか」と話していた矢先のことでした。

まだまだ、ダメですね。

子供の事故の大半は親の油断です。皆さんも気をつけてくださいね。